STALKER風無料FPSサバイバル Survariumのフリープレイモードとプレイ動画

i survarium

普段はSteamでリリースされているPCゲームを中心に遊んでいるのですが、Steam早期アクセスを初めとした新規のゲームの中にはMinecraftを意識したようなボクセルタイプのクラフトゲームが多く見られるように思いますが、同じくらいにArma2のMODであるDayZのような探索型サバイバルゲームも非常に多くリリースされています。

こういった探索型サバイバルゲーム、ゾンビサバイバルゲームはSteamユーザーからの注目度も非常に高く、新作のサバイバルゲームの情報が出るたびに色んな意味で話題になっています。
私自信、こういった都市や廃墟を探索してアイテムを集めるようなサバイバルゲームは大好物でよく購入していました。
しかし、DayZなどのPVPに関してはあまり好きになれず毎回買って少しプレイして放置という状態です。

私のような人にはFallout(フォールアウト)シリーズや未プレイですがS.T.A.R.K.E.R(ストーカー)シリーズのようなPVEをメインにしたゲームは何度も何度もプレイするほどはまってしまいます。
そんなPVE探索型サバイバルゲーム好きから期待される無料FPS 「Survarium(サバリウム?)」の紹介をしようと思います。

Survariumは無料でプレイすることのできるオンラインFPSゲームで、従来のFPS対戦ゲームのように狭いステージの中で点数を取り合う対戦モードとは他に、PVEをメインコンテンツとした探索型サバイバルモードの「フリープレイモード」があります。
Survariumが特に注目されいる理由として、SurvariumのフリープレイモードがS.T.A.R.K.E.Rの精神的後続作品として期待されているから、というのがあるようですね。

この探索型サバイバルであるフリープレイモードでは、対戦モードで用いられるマップよりもはるかに広いマップの中で様々な形でクエストをこなしたり、建物の中を探索してアイテム漁ることができるのだとか。
基本的にはその広大なマップ内を自由に探索できるようですが、一部の危険な地域に関しては条件があるようです。

survarium 01

クエストの種類としては、いくつかの解決方法が存在し、解決方法次第でその後のストーリーに影響を与えるというメインクエストや、派閥からの依頼を受諾してクリアするタイプのクエスト、ランダムで発生し、場合によっては攻守に分かれて他のプレイヤーと敵対することもあるというランダムクエストなどがあるようです。

また、普通に探索をしているだけでも時々プレイヤーをミュータントが襲撃するイベントが起きたり、S.T.A.R.K.E.Rではブロウアウトに当たるStormが2時間に一回の周期で発生し、プレイヤーは発生前にシェルターに非難するか、マップ端まで移動してマップから出なければ死亡します。
DayZなどと同じようにプレイヤーが死亡した場合には周辺に所持アイテムをドロップし、なおかつ強制的にロビーまで戻されるのだとか。

survarium 03

Storm発生15分前にはマップ内に存在しているプレイヤーに対して警告が行われ、そのマップには新しくプレイヤーが参加することができなくなり、Stormが去った後には貴重なアイテムがマップに配置されるようになります。
ただし、上記のように逃げられなかった者は強制的にロビーに戻され、Stormが去ってから10分間は新しくプレイヤーが参加できなくなるとのことで、非常に面白いシステムを取り入れています。

PVE主体のコンテンツではあるようですが、PVPは存在しています。
しかし、DayZのように一方的に遠距離から狙撃されて終了したり、I’m Friendry!!!!!!と言って近づいてくる疑心暗鬼の元になる生物も、こちらの開発はよろしく思っていないようで、半径150m以内に何人のプレイヤーがいるかを表示したり、相手のカルマを視認することができるようですね。

survarium 04

サバイバルゲームである以上、生存者同士で争う場面も必要かとは思いますが、あまりにも殺伐とした環境は個人的には好きではないので、こういった仕様は非常にありがたく思います。
Survariumに関する情報はまだそれほど多くないようですが、今後の情報に期待したいですね。

最後にSurvariumのPVPモードの動画を乗せておきますので、プレイ画面の雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。

それでは、良いゲームライフを!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2015年 10月 19日

    やばいwはまったww

      • 匿名
      • 2015年 10月 19日

      確かに、面白いですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る