Steam

Steamの返金方法を解説!返金時間はおよそ40分!でも・・

ここ数年、コンソール向けのゲームがSteamでも発売したり、移植されたりするなど、質のいいゲームが多く発売するようになったSteamですが、最適化不足でまともにゲームができなかったり、買ってみたら実はパチモンのゲームだった!なんてことがあります。

今回は、たった3分で終わる、Steamのゲームの返金方法を解説していきます。

Steamの返金方法はとても簡単!

Steamでの返金方法は、わずか数ステップで終わるため、だれでも簡単に行うことができます。

英語を読む必要もないですし、サポートとの煩わしいやり取りを行う必要もないので、そういったことが苦手で返金申請を躊躇している人も、この記事を読みながら申請すれば大丈夫です。

しかし、返金には条件があるので、まずはそれをクリアする必要があります。

Steamでの返金条件と返金可能期間をチェック!

Steamで返金を申請するにあたって、クリアしなければならない条件は、以下の2つです。

Steamでの返金条件はコレ!

  • Steamでそのゲームを購入してから2週間以内であること
  • そのゲームのプレイ時間が2時間未満であること

ただし、予約したゲームに関しては、発売するまではいつでも返金可能で、2週間の条件が適用されるのは、ゲームがリリースしてからです。

また、Steam以外の外部ストアで購入したゲームに関しては、返金の対象にはなりません。

Steamから返金されるまでどのくらい?

さっそく返金申請してみようと思うけど、実際に返金されるまで、どのくらい時間がかかるのか気になる人も多いかと思います。

結論からいうと、返金申請が通るまでは約40分
時間帯や時期にもよるかと思いますが、今回記事を書くにあたって検証した結果、申請から40分で、返金が完了した旨のメールが届きました。

返金先は、そのゲームを購入するのに使用した支払い方法に乗っ取った返金方法ですが、Webmoneyなどのプリペイドカードで支払った場合、そこに返金はできないので、Steamのウォレットに返金金額分が追加されます。

ただし、あとで画像を添えて解説しますが、返金されたウォレットが使用可能になるには、さらに時間が必要です。

Steamクライアントから返金申請してみよう!

Steamのクライアントを起動していつものページを開いたら、下の画像のように左上の「ヘルプ」から「Steamサポート」へと進みます。

最近プレイしたゲームや、買った直後のゲームが一覧の上の方に表示されていると思うので、その中から返金申請を行いたいゲームの名前をクリック。

次に、そのゲームの返金申請を行いたい理由を選択します。
このページは、そのゲームに関して起きた問題全般に関して問い合わせるためのページですので、返金申請を行う場合以外にも、何か問題があった場合などにも利用することができるので、あまり使うことはないと思いますが、覚えておくといいと思います。

今回は、「間違えて購入した」を選択して、「返金を受けたい」という選択肢をクリックしました。

次のページで、もう一度返金申請を行う理由を選択し、なにか書くことがあれば、その下の空欄に書き込みます。

今回は、「間違えて購入した」以外の理由はないので、何も書かずに先に進めます。

すると、次のページで返金申請が完了すると思います。
同時に、Steamに登録しているメールアドレスに、申請を受け付けたことを知らせるメールが届いているはずです。

私の場合は40分でしたが、早ければそのくらいの時間で、下の画像のような返金完了メールが届くかと思います。

ひとまずはここまでで返金の手続きは終わりですが、記事の前半でお伝えした「返金されたウォレットが使用可能になるには、さらに時間が必要です。」という問題が発生します。

返金されたウォレットを利用可能になるまで最長7日の時間がかかる

Steamのクライアントの右上に、自分のアカウント名と、アカウントが所有しているウォレットが表示されていると思います。

クレジットカードなどでの購入の場合、カードの請求時までに処理されるので関係ないかと思いますが、ウォレットでの返金対応となった場合、所有しているウォレット額の右側に(¥金額 Pending)と表示されます。

(Pending = 保留中)ということで、これは、返金完了メールにも書いてありますが、『このクレジットは現在「保留中」として表示されていますが、7 日以内に使用可能となります。』という状態です。

あくまで7日以内なので、基本はそれより早く使用可能になると思っていいかと思います。

Steam 返金申請まとめ

Steamの返金の方法は、どこから始めるのかわかれば、あとは順を追っていくだけなので非常に簡単です。

ただ、Steam側が返金に簡単に応じてくれるのは、利用者を守るためであって体験版代わりにゲームを遊ばせるためではありません。

短期間に、何度も返金を申請していたり、不審に思われることがあれば、当然ペナルティを受ける可能性もあるので注意しましょう。

詳しく知りたい方は、コチラからSteamの公式ページに飛んで、返金に関する詳しい情報を閲覧できます。

人気記事!

鍵屋のロゴ画像 1

PCゲームでも、大作ゲームが続々リリースされるようになり、Steamの利用者も一気に増えてきていますが、大作ゲームの問題はその価格! Steamでは、各季節の長期休みやハロウィン、旧正月などに合わせて ...

G2Aのロゴ画像 2

日本でも知名度の高い鍵屋、G2A.COMを紹介します。 G2A.COMが、日本でなぜ知名度があるかというと、数々の有名配信者やブロガー、プロゲーミングチームとスポンサー契約、パートナー契約を行い、宣伝 ...

3

Kinguinは、G2A.com同様、日本のプロゲーマーチームや、ブロガー、Youtuberなどとのスポンサー契約や、パートナー契約を行い、日本でも知名度上げた鍵屋のひとつです。 以前記事を公開したの ...

-Steam
-, ,

© 2020 今更なゲーム情報ブログ This Play.