Steam PC版 Fallout4のプリロードが開始!今からFalloutを買うならココ!

SteamにてPC版Fallout 4のプリロードが開始!

日付は7日に変わり、Fallout 4のグローバル版の解禁日までもうすぐですね!
先日ネット上に挙がった情報通り、さきほどFallout 4のプリロードが開始され、盛り上がりを見せています。

私はというものの購入先のG2PlayからFallout 4のアクティベートキーが、まだ届いていないためキーの発行メールが届くまで待っている状態です。
早くプリロードしたい気持ちはありますが、まだ7日なのであせる必要もないかと思っています。

DL販売サイトのGreen Man Gamingでは、すでにFallout 4のアクティベートキーが発行されているそうで、新たに購入した人に対しても順次キーの発行を行っているようです。

では、すでにプリロードが開始され、一部の外部サイトではキーの発行を開始している状況において、どこでFallout 4を購入するのが良いのか。
いくつか挙げてみたいと思います。

fallout5

今からFallout 4を購入するならどこが良い?

確実性と早さを重視 ⇒ Steamから直接購入する

もちろん、ベストな選択肢は「Steamから直接購入する」でしょう。
当然Steamで直接Fallout 4を購入すれば、購入直後からプリロードが行えるので準備万端で10日を迎えられます。
また、高橋氏の言葉通り12月17日の日本語版Fallout 4の発売日には、確実に日本語が追加されるはずです。唯一のデメリットは、価格が鍵屋やDL販売サイトでFallout 4を購入するよりもかなり高いということでしょうか。
日本語の追加と解禁日に確実にプレイしたい人は、Steamで直接購入するのが無難かと思います。

価格と早さを重視 ⇒ Green Man Gaming(GMG)から購入する

他の鍵屋やDL販売サイトを差し置いて、いち早くFallout 4のアクティベートキーの発行を開始したGMG。
Fallout 4を予約購入していた人だけでなく、昨晩新たにGMGで購入した人に対しても順次キーを発行しているということですから、キャパを超えるほどの注文が来なければすぐにプリロードが開始できるでしょう。
私も予約していたFallout 4のSeason passのキーはすでに届いています。価格も誰でも使える20%OFFのクーポンを使えば、約5,800円とSteamで買うよりも安く済みます。
価格の安さと早さを重要視される方はGMGからの購入も検討してみるといいかもしれません。gmgofficial

GMGの使い方⇒Green Man Gamingの登録方法と購入方法

価格の安さを重視 ⇒ GAMESDEALから購入する

現在、鍵屋やDL販売サイトの中で最安値でFallout 4を販売しているGAMESDEAL。
先日までは約5,000円で販売していましたが、発売日が近くになるにつれ他の鍵屋同様値上がりしています。
11月7日現在の価格は、約5,420円ですが購入時に4%の手数料が上乗せされるので実際は約5,635円。実を言うと、4日の段階での価格設定のままだと思って記事を書き始めたので、びっくりしています。
確かにGMGなどに比べれば今も安いですが、このレベルだと選択肢には入らないのかなと思います。Gamesdeal公式サイトへ

GAMESDEALの使い方⇒GAMESDEALの登録方法と購入方法

とまぁ、なにを重要視するのかによって購入先を提案してみましたが、GAMESDEALがまさかの値上がりをしていたこともあって購入先の選択肢はSteamで直接買うか、鍵屋やDL販売サイトで買うならGMGことGreen Man Gaming!という感じになりそうです。
解禁日直前になって、GMGの価格を大幅に上回るセールでも来れば別ですが、さすがに来ないだろうなぁ・・・。

少し前に別の記事でも「意見を聞かせてほしい」という旨のコメントを頂きましたが、「鍵屋やDL販売サイトで購入したFallout 4は12月17日に日本語が追加されるのか」という問題に関しては、私から「確実にこうだ!」ということは言えません。
私は日本語が追加されないリスクを理解した上で安い鍵屋からFallout 4を購入しました。

高橋氏のインタビュー記事で見た内容から見て、恐らくは大丈夫だろうというのが私個人として見解ではありますが、当日になって日本語が追加されなくても保障はできませんので、Steam以外での購入はリスクを理解した上でお願いします。

それにしても、Fallout 4が待ち遠しい!

それでは、良いゲームライフを!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る